ATLANTALIFE.INFOは現在アトランタにお住まいの方、これからアトランタに引っ越していらっしゃる方やアトランタにご旅行でいらっしゃる方々のためのアトランタ総合生活情報サイトです。
HOME  |  ABOUT THIS SITE  |  ADVERTISE WITH US  |  LINKS  |  CONTACT US
 CONTENTS : 交通・車・公共交通機関
ジョージア州の運転免許証飲酒運転(DUI)について運転時の注意事項交通/車リンク集日本語の通じる車屋さん/車修理自動車保険電車・バス 空港関連 エアライン
ジョージア州の運転免許証
BACK TO CONTENTS ▲ 

免許証もアメリカは州ごとに法律が違うので、道路交通法も各州で微妙に違います。運転免許証は最寄のジョージア州車両管理局(DDS: Department of Driver Services)で発行されます。
ここ数年で、アメリカ市民権を持たない者の運転免許更新が厳しくなり、注意が必要です。詳しくは こちら のページを参照のこと。 また、在アトランタ日本総領事館のサイト にもジョージアでの運転免許取得に関するページがあります。

受験前に知っておくこと
● 受験年齢: 満16歳以上
● 必要書類
ジョージア州に居住していることを証明する書類、ソーシャル・セキュリティー・カード、氏名と生年月日が記載された身分証明書が必要。但し、最近はF、 M、Jビザ保持の学生や駐在員の家族のソーシャルセキュリティー番号取得が難しくなっています。ソーシャルセキュリティー番号のない人が運転免許証を取得するには  こちら のページを参照のこと。
  <住所を証明する書類>
◎電話、電気代の請求書(名前と住所要)
◎家賃の領収書、アパート賃貸などの契約書
◎バンク・ステートメントなど
  <氏名と生年月日を証明する書類>
◎出生証明書
◎ビザのついているパスポート(失効していないもの)
◎グリーンカードなど

視力検査
最寄りの運転免許試験場で申し込み手続きを行い、視力検査を受ける。裸眼、またはコンタクトレンズなどを着用した状態で、片目で0.3以上の視力が必要。色盲検査は行わないが、視野の検査がある。

筆記試験
まずはジョージア州のDepartment of Public Safetyが無料で提供している小冊子「Driver」を見て、試験に備える。筆記試験は、道路標識と交通法規に関するもの2種類を受ける。ともに20 問出題され、15問ずつ正解すれば合格。

運転練習許可証
満15歳以上で視力検査と筆記試験に合格すると、1年間有効の運転練習許可証(Instructional Permit)が取得できる。手数料は10ドル。支払いは現金のみ。この許可証を持っていれば、路上で運転の練習が許される。ただし、助手席に18歳以上の運転免許保持者が同乗しなければならない。ちなみに、この運転練習許可証は運転免許を取得するために義務づけられているものではなく、自信のある人は直接路上試験を受けてかまわない。

路上試験
路上試験に使用する車は受験者が用意するが、その際に必ず強制保険に入っていることが条件。条件を満たしていない場合は試験を受けることができない。

他州からの切り替え手続き
他州の有効な運転免許証を保持している者は視力検査に合格し、前記した必要書類を提出。ただし、他州の免許が失効している場合、新規の免許取得同様、筆記、路上試験も受けることになる。

その他の切り替え手続き
住所や氏名を変更した際は、60日以内に届け出をしなければならない。ともに新住所、氏名を証明できる書類を持参して再発行の手続きを行う。この際、手数料は無料。届け出た日から4年間有効の運転免許証が発行される。
免許証を紛失した際は、身分証明書を持参して最寄りの運転免許試験場へ行き、再発行してもらう。その場で新しい免許証がもらえない場合は、30日間有効な仮の運転許可証がもらえる。

免許の更新
アメリカ市民なら更新は4年毎。最近では10年というのもある。
免許証が失効する150日前から、最寄りの運転免許試験場で手続きができる。
但し、2007年2月よりアメリカ市民権を持たない者の運転免許証更新手続きが厳しくなり、注意が必要である。(詳しくは こちら のページを参照のこと。)
さらに、2008年1月からは、アメリカ移民局のコンピュータプログラム SAVE(Systematic Alien Verification for Entitlement)でのビザ・ステイタス照合が州法により義務づけられたため、合法ビザ保有者でも、ビザの失効日まで(但し5年以内)の更新しか出来なくなり、不法滞在者においては免許証更新時にこのプログラムを通して不法滞在が明らかになるシステムになったようだ。

運転免許証に関する問い合わせ先
(404)657-9300 (24時間)
(404)413-8400 または 1(866)754-3687 (月〜金 7:00AM〜5:15PM) こちらのページ から運転免許証取得試験の際に必要なマニュアルを入手することが出来ます。

ジョージア州の主な運転免許試験場
・Cobb County
Marietta Driver's License Facility
Full Testing Facility
1605 County Services Pkwy
Marietta, GA 30080
火- 土  9:00 - 17:00
(770)528-3251

・Fulton County
Atlanta Driver's License Facility
Full Testing Facility
8610 Roswell Rd, Suite 710
Atlanta, GA 30350
火- 土  9:00 - 17:00
(770)551-7373

その他の試験場については こちらのページ で検索することが出来ます。

BACK TO CONTENTS ▲ 
広告主募集中!
AD SPACE AVAILABLE!
THIS AD SPACE
Starting $ 30 / Month
ジョージア州内での飲酒運転の取り締まりについて
BACK TO CONTENTS ▲ 

ジョージア州内における飲酒運転の取り締まりと罰則は、他州同様、年々厳しくなってきています。血液中アルコール濃度が0.08%を超えると飲酒運転 (DUI=Driving Under Infuluence) とみなされ、犯罪者として逮捕されます。すなわち、後ろ手に手錠を掛けられ、管轄内の郡または市の留置所へ行くことになります。取調べは4時間程度、保釈金は1500ドル程度で、払えない場合は払えるまでの何日間か、または裁判の日までの留置所泊まりとなります。
その後、

  • 車のレッカー代および引き取り代金
  • 弁護士費用1000〜6000ドル程度
  • 裁判費用および罰金1000〜2000ドル程度
  • 拘置処分1日―10日
  • DUI スクールまたはアルコール・ドラッグの講習
  • 初犯なら40時間程度の勤労奉仕(道路掃除、公園の掃除等)
といったステップと莫大な出費を経て初犯ならおよそ1年間の執行猶予・保護観察期間が始まります。この期間中は免許停止になり、家からの通勤だけがゆるされる限定免許をもらうことになります。もちろん州外での運転も出来ません。州外または国外へ出張等で出る場合も保護監察官の許可が必要になります。初犯でもこのくらい大変なことになります。またその後車の保険、健康保険、生命保険等が取り消されたり、または保険料が値上げになったり、という可能性もあり、身から出たサビとは言え、本当に踏んだり蹴ったりです。もっと怖いのは、もしちょっとでも飲んで運転し事故を犯した場合、アルコール濃度が規定以下でも飲酒運転での過失傷害、過失致死といった重罪犯を犯したことになってしまい留置生活は避けられません。くれぐれもご注意を。

BACK TO CONTENTS ▲ 

自動車運転時の注意事項
BACK TO CONTENTS ▲ 

制限速度について
アトランタ近郊では、一般市内幹線道路は時速45マイル(72キロ)、住宅地域では35マイル (56キロ)、分譲住宅街では25マイル(40キロ)、高速道路は市内で時速55マイル(88キロ)、 郊外では65マイル (104キロ)あるいは 70マイル (112キロ)、といった制限時速が一般的ですが、運転が下手なのにスピードを出す人が多く、現実に10マイル(16キロ) から20マイル(32キロ)程度、制限スピードをオーバーして走っている車を多く見かけます。幹線道路で追突や、直進車と左折車との衝突といった交通事故も日常的で、少しでも雨が降れば必ずといっていいほど高速道路でのスリップ事故などを見かけますので細心の注意が必要です。アトランタ近郊では日常的に、高速道路だけでなく一般道路でもレーダーでのスピード取締りをよくやっています。特に連休の時期は警察の取り締まりも厳しくなるようです。

シートベルト規制
ジョージア州ではシートベルト着用が義務付けられています。運転手だけでなく同乗者全員、子供も含めて、の義務ですので注意が必要です。4歳までの幼児の場合は子供用のカーシートを利用することが必須になります。時々、シートベルト着用の取り締まりも行われています。事故があった場合、子供の怪我は親の過失責任の対象になります。

スクールバスについて
スクールバスが停止して点滅信号を出している場合は、対抗車線にいても完全に停止し、スクールバスの発進を待ちます。日本には無いルールですので、注意が必要です。

交通違反切符について
度重なる交通違反は保険料金の引き上げにつながります。場合によっては、保険の取り消し処分を受けるケースもあります。交通違反のチケットをもらった場合は迅速に的確に処理をすることです。放置したために罰金の増加、指名手配、逮捕、留置といったケースもあり得ます。また運転の際、運転免許証だけでなく、自動車保険の証書カードも携帯しなければいけません。
ジョージア州では、駐車違反を除く通常の交通違反チケットの場合、チケットに罰金の額は明記していない場合が多く、一般的には違反チケットが発行された日から5〜7日後にチケットの裏面に書かれた電話番号に問い合わせて、罰金の額や支払い方法などを聞きます。最近では電話口で直接クレジットカード番号を渡して罰金を支払うシステムが整っている市や郡も少なくありません。ただし、アトランタ市警では20マイル以上のスピード違反者には裁判所出頭を義務付けている、など各市や郡によって細かな法律が異なるので、必ず確認しましょう。

運転中の携帯電話について
運転中の携帯電話については社会問題になっているところですが、アトランタでは現在の時点で禁止されていません。いずれ禁止の方向の規制になると思われます。しかし、なるべく使わない、またはBlue Toothなどのヘッドセットを使用し細心の注意を払いながら運転することに越したことはありません。

Diffensive Driving (防衛的運転) について
車社会のアメリカは運転が苦手な人も運転せざるを得ない、という側面があり、日本と比較して運転が下手な人が多く見られます。自分が悪くなくても追突されたりすることも多く、ブレーキをかける際にははじめに軽く数回ブレーキを踏んで後ろの車に事前に警告したり、高速の車が後ろから近づいて来た場合はレーンを譲るなど、アメリカで Defensive Driving と呼ばれる譲り合いによる安全運転を心がけましょう。またアメリカでは、ウインカーを出しっぱなし、或いは全く出さない車が多いので、最後までよく確認してから行動してください。信号が青になっても、左右確認してから、用心して発進する事です。よそ見運転で赤でも突っ込んでくる車があります。

交通事故に遭ってしまったら
万が一交通事故に遭ってしまったら、小さな事故でも必ず警察(電話番号911)を呼びましょう。警察官が来て、事情聴取、現場検証を行い、事故報告書(Police Report)を作成してもらいます。警察官の立会いのもと、当事者の氏名、住所、電話番号、保険会社や保険ポリシー番号等の情報を交換します。その日のうちに、自分が悪くない場合は相手の保険会社に、自分が悪い場合は自分の保険会社に電話して事故を申請しましょう。数日後には事故報告書(Police Report)が出来上がるので、警察署にそれを取りに行きます。この事故報告書は保険会社に提出する必要があります。
もし交通違反切符をもらった場合は、電話で罰金を問い合わせるか、出頭命令がある場合は、裁判所に出頭することになります。大きな事故の場合は弁護士も必要になるかも知れません。
大事なことは、事故が起きてもパニック状態にならず、落ち着いて人命救助を優先にしながら、警察官が来るのを待ちます。警察官が来るまで決して事故現場を離れないことです。離れたらひき逃げと見なされ、指名手配、逮捕ということになりかねます。

路上で車が故障してしまったら
高速道路での故障は非常に危険です。速やかに路肩に車を止め、非常用の点滅停止ランプをつけ、携帯電話で警察に連絡するか、AAA(トリプルエー=日本のJAFに相当する会社)等の故障サービス会社に連絡します。その際、他の車に轢かれてしまう可能性があるので、むやみに車外に出るのは危険です。しかし、車内にいればそれもまた他の車に追突される可能性があるわけで、理想的には他の車に接触しないだろうと思われる場所に車を止め、自分は高速車線から離れた安全な所に避難出来れば最良です。

自動車強盗に遭ってしまったら
自動車強盗(カージャック)と呼ばれる犯罪がしばしば起きています。犯罪者が自動車で乗り付けるということではなく、自分の車が襲われる犯罪です。車を奪われて自分が取り残される場合と、自分も人質になってしまう場合、また自分の家族や幼児が車に残ったまま車を奪われる場合と様々ですが、人質が発生した場合、大変なことになってしまいます。ここで基本的な注意事項を下記します。

  1. まず、治安の悪いといわれている所は近寄らないこと。特に夜間に一人でドライブする時は注意すること。
  2. 車を駐車する場合、出来るだけ明るく、死角になってない所を選ぶ。
  3. 車に乗る場合、誰もいないか、車中を確認すること。夜間などのために不安の場合は、オフィスであれば警備員或いは、屈強な知り合いに自分が車に乗るまで見届けてもらうこともよいでしょう
  4. 車に乗るときはすばやく乗車し、ドアをロックすること。
  5. 走行中は必ずドア、窓をロックする。途中ガソリンスタンド等に立ち寄った場合、短時間でも鍵を抜き、ドアはロックする。
  6. 駐車中に、車の中には買い物袋や、ゴルフバッグなどの物品を残しておかない。全てトランクにしまう。
  7. 夜間、人通りの無いところで、車を当てられた場合、車外に出ることは危険です。携帯電話で警察に電話をして、警察官が来るのを待ちましょう。

ジョージア州の「Move-Over Law」
これは2008年1月に制定された新しい州法で、片道2車線以上ある道で故障した車や警察に止められた車両が路肩に停車している際に 1車線避けなければいけない、というものです。もし、交通量が多くて車線変更が困難な場合は、制限速度以下にスピードを落とし いつでも停車できるよう注意を払います。もし、この交通法の違反(Moving Violationと見なされます)でチケットを切られると、 Driving Recordに3点の加算されるうえ、500ドル以下の罰金に処せられますので注意!

BACK TO CONTENTS ▲ 

交通/車関連リンク
《アルファベット順》 BACK TO CONTENTS ▲ 
電話から「511」をダイヤルすると、24時間無料でジョージア州内のリアルタイム交通情報を聞くことが出来ます。
日本でいうところのJAFのような組合のサイト。少ない年会費で、道路での故障等、車のことで困ったら助けてくれます。私にとってはMUST HAVE! アメリカ国外で使える国際免許を取る時にもここに行きます。交通関連のサービスの他、旅行関連のサービス等手広く行っています。
アトランタ近郊で一番の新聞、Atlanta Journal & Constitution紙の車販売クラシファイド欄のオンライン版。新車も中古車も検索可能。
昔からある中古車売買雑誌のオンライン版。個人売買の車も多く載っているので、見る目がある人はGood Dealを掴めるかも?!
メトロアトランタに6つのロケーションを持つ中古車ディーラー。
ジョージア州の運転免許や車両登録を管理する政府機関の公式サイトです。ここで運転免許取得の色々な情報が得られます。
アメリカでの中古車売買の際の物差し的便利サイト。車の大体の値段を調べることが出来ます。車を売るとき、買うときの目安にどうぞ。
BACK TO CONTENTS ▲  の表示のないサイトは英語サイトです

日本語の通じる車屋さん/車修理ガレージ
《あいうえお順》 BACK TO CONTENTS ▲ 
ノークロス市にある、トヨタ1級整備士の資格を持つ山本さんが丁寧に修理してくれるガラージ。中古車売買も行っているそうです。お電話も日本語でどうぞ。
853 South Peachtree Street, Suite 101, Norcross, GA 30071
(770)416-4040 山本さん迄 email: yamamotoauto@yamamotoauto.com
デュルース市にある、アトランタ・トヨタ。お電話は伸一(Shinichi)さんまで日本語でどうぞ。
2345 Pleasant Hill Rd, Duluth, GA 30096
(678)862-9898 伸一さん迄
日本人の方が親切丁寧に対応してくれる中古車屋さんでしたが、現時点ではビジネスをされてらっしゃらない様子です。
4132 Buford Highway, Duluth, GA 30096
(770) 813-7420 横垣さん
兼岩さんという日本人の方が親切丁寧に対応してくれます。ファイナンスのことなど日本語で色々相談出来ます。アメリカに住んでいる間に念願のベンツに乗ってみたい方は是非。
2799 Piedmont Road, Atlanta, GA 30305
1(800)494-0908 ジョージ・カネイワさん迄
BACK TO CONTENTS ▲  の表示のないサイトは英語サイトです


NEXT PAGE: 自動車保険 ≫
 

アトランタ生活情報教育・学校・留学交通・車・公共交通機関住宅・不動産・家具宿泊・ホテル・旅行観光・娯楽・芸術ビザ・政府・邦人団体ユーティリティ関連銀行・証券・投資就職情報健康・医療・フィットネスペットショッピンググルメ日系・アジア系ショップニュース・メディアスポーツブログ集